クラビットは細菌を殺菌する効果のある薬です。性病の中でも広く知られている淋病やクラミジアなどによく使用されています。1日1回1錠の服用で済むので手間がかかりません。こちらではクラビットについて詳しく解説します。

クラビットについて説明する男性と女性

クラビットの効果について

クラビットは レボフロキサシンを主成分にしたニューキノロン系抗生物質で、細菌による感染症に対して経口薬として用いられています。
比較的新しい種類の抗生物質で、病巣への移行性が良く、強い抗菌力で細菌を退治してくれます。
色々な細菌に対応していますが、主に皮膚感染症、泌尿器感染症、呼吸器感染症に用いられ、他の症状にも効果があることから眼科や歯科でも利用されることがあります。
本来は抗生物質で抗菌力がどれだけ強いかというのは議論する必要がなく、ニューキノロン系やマクロライド系などの種類を比較しても等しく効果を発揮すると言われます。
しかし、頻繁に使用されることで細菌が耐性を持ちはじめ、効果が薄れるという問題があることから、近年では良く利用されているマクロライド系の効果が弱まっているように感じられます。
結果的に処方されることの少ない、ニューキノロン系のクラビットが抗菌力に優れているように考えられます。
現在では扁桃炎や皮膚感染症にはマクロライド系が有効とされ、ニューキノロン系は呼吸器や尿路感染症に有効と言われています。
とはいえ、クラビットの抗菌スペクトルは広く、ペニシリン系では効き目が薄いとされるマイコプラズマにも有効なことから、幅広い治療で使用されているのが現状です。
しかし、前述のように耐性菌の観点から、医者の方ではあまり処方したくないという気持ちが強いためか、頻繁に使用されるということがなく、他の抗生物質では効果が薄いと考えられる場合にのみ利用されているようです。
ちなみにクラビットを含めた抗生物質は、細菌にのみ殺菌的な作用を示すので、ウイルスや真菌といった他の原生微生物による感染には効果がありません。

クラビットの服用方法

クラビットの成分はレボフロキサシン水和物で、ニューキノロン系に分類される薬剤です。
この薬剤は、細菌の増殖に必要な蛋白質の元になる核酸の生成を阻害し、細菌を死滅させる作用があります。
薬剤の規格は、以前は1錠、100mgのものがあり、1回1錠ずつ、1日3回毎食後に服用するようになっていましたが、現在は、100mgの製剤は無くなり、250mgと500mgの製剤を使用するようになりました。
250mgと500mgの製剤は、いずれも1回1錠ずつ、1日1回服用するよう、決められています。
これは、1日1回、比較的多い用量を服用し、血液中の濃度を上げた方が、1日3回に分けて、少量ずつ服用するよりも、より効果的であることが、分かってきたためです。
通常、1日1回、朝食後や、昼食後に服用することが多いですが、夕食後に服用も可能です。
注意すべきなのは、他の薬剤を服用されている場合で、例えば、クラビットを鉄剤や、マグネシウムを含む薬剤と同時に服用すると、クラビット自体の効果が弱まります。
その場は、2剤の間隔を2時間程あけて、服用する必要があります。
他の薬剤と併用することで、クラビットの効果が強まったり、弱まったりするため、この薬剤を服用する場合は、必ず、医師や薬剤師にその旨を伝えるようにします。
また、高齢者や、腎機能障害のある方、透析を受けられている方は、通常の用量では多く、副作用の発現の可能性が高くなるため、少量で服用する必要があります。
そして、クラビットは、症状、病態にもよりますが、基本的に、抗生物質であるため、決められた期間服用し、長期間は継続しないのが普通です。
患者の方は、決められた期間、用法、用量を守って服用することが重要です。

クラビットの通販と病院処方の違い

クラビットは基本的に、病院で処方をしてもらって手に入れるしか方法はありません。
その理由というのはクラビットは副作用も大きな薬であるため素人判断で使用をするのが危険なものとなっていますから、薬物の乱用を防ぐためにも病院でしか処方をされないものとなっているのです。
また、クラビットは効果のある病気というのは限られていますから効果の無い病気で飲んでも意味がなくむしろ、別の耐性菌が発生するリスクなどデメリットが上回ります。
そのため、病院で診察を受けて治療にはクラビットが最適だと判断をされてようやく処方される薬となっているのです。
診察の結果として処方されるので期待される効果は高く、更に病院から処方されるものに間違いはありませんから、偽物が処方されるという心配もありません。
専門家の判断のもと処方されるので重大な副作用などもあまり考えられないため、リスクのある薬を最小限のリスクで服用することができるのです。
一方、国内では病院を通さずにクラビットを入手することは出来ませんが、個人輸入という形であれば直接販売元から取り寄せることは可能となっています。
処方箋なども必要なく手軽に入手ができるという利点がありますが、その代わり薬を服用するにあたって全てのリスクは使用する本人が受け入れる必要があります。
素人判断で使用をすることになりますから当然効果が期待できないこともありますし、副作用等が起きる可能性があります。
そして、それ以上に大きな問題として通販の場合送られてくるものが本物だとは限らないということです。
特に海外はそのような点にいい加減な部分がありますから、偽物が送られてきてそれによって別の健康被害がもたらされる恐れもあることを注意しておく必要があります。